二日目中国武術旅行記

二日目は朝6時に起き7時の

バスへ乗り込み、大師匠である

劉敬儒師爺のもとへ!

劉師爺はいつも陶然亭公園という

とても大きな公園にて教えています。

自分の祖母の家からは通常であれば

二時間ほどで到着するはずなのですが、その日は休日。


途中には日本で言う新宿にあたる西単というところを通るため道が大混雑(;^ω^)

予定より45分遅れで到着しました・・・・

兎にも角にも練習スタート!

 

今回、私が教えて頂いたのは六合蟷螂拳という拳法です。

六合蟷螂拳は三大門派(梅花、六合、七星)と呼ばれている中の一つで、

蟷螂拳の中でも軟蟷螂に属しているといわれています。

 

自分は六合蟷螂拳の中の「蔵花」という套路を教えて頂きました(^^♪

六合蟷螂拳の用法は目や金的などの急所への攻撃が主体となっています。

そこへ形意拳や八卦掌などのエッセンスを組み込むことでさらに凶悪に・・・

個人的にとても気に入っています六合蟷螂拳(*´ω`*)

 

午前中は他のお弟子さんも交えての練習となり、皆さん一生懸命に師爺の技や

動きを見て練習していました!

12時ごろになっていったん昼食休憩!

劉師爺と一緒に祖母が持ってきた豚肉を中国の饅頭に挟んだ

中国式ハンバーガや野菜炒めなどをいただきました。

劉師爺は御年84歳なのですが84歳とは思えない食欲で毎回驚かされます(;’∀’)

 

午後は六合蟷螂拳の続きを練習。劉師爺が考えた蔵花も

覚えたところでその日の練習は終了!

とても内容が濃く消化するのに結構時間がかかってしまいました(;・∀・)

帰り際に、自分が中国に行く度必ず

寄っている大きな本屋さんへ!

中はほとんど本なのですが、習字用品やちょっとだけスポーツ用品も売っており結構おもしろい施設です。

ただ今回はお目当ての本が売っていなかったので、何も買わずに帰宅・・・

夜ご飯は中国の一般的な家庭料理である「肉餅」(写真を撮り忘れましたorz)

という料理を食べて早めに就寝しました( ˘ω˘ )  



                ~三日目へ続く~