六日目中国武術旅行記

六日目のこの日は、西安旅行最終日(^^)v

前日は登封にて宿泊していたのでそこから北京へ帰宅!

でもせっかく陳家溝の近くまで来ているので陳家溝で寄り道

をして帰ることにしました(^^♪


陳家溝までは、ざっと1時間くらいで到着。

途中、普通に道の真ん中を羊が横切っていきました^m^

田舎ですねw


流石、太極拳の聖地であり発祥の地であるだけあって至る所に太極の字が・・・

陳家溝に到着して最初に行ったのが地元の陳式太極拳学校!

陳正雷老師系統の学校で僕と同年代の子供たちが

老家陳式太極拳を練習していました(*‘∀‘)

そこの学校の先生と話していたら・・・・

 

先生「君、日本人で陳式やるのか!?」

僕「はい!ただし北京の新架ですけどね」

先生「よかったら一路を見せてくれるか?」

僕「いいですよ~」

 

新架陳式太極拳一路の最初のを見せる

 

先生「すごいね君!こんな若いのに大した功夫だ!

   お礼に此処の学校で教えている新架を見せてあげよう・・・

   よし、そこのお前!この日本人にうちの新架を見せてやれ!」

生徒「はい!」

 

そんな流れで30分ぐらい訪問していたら、駐車場に車を止めに行っていた僕の叔父さんから「どこで道草食ってるんだ(# ゚Д゚)」と怒られましたw

 

ちなみに陳家溝の歩いていると春秋大刀を担いでバイク

に乗るおじさんとか見れるので、お勧めですよ(^O^)/

陳家溝には沢山の武術用品店があるのですが絶対に大刀が置いてありますw

陳家溝には陳式太極拳の祖でもある陳王廷を祀っている

太極拳祖師堂』というところがありそこにも行ってきました!

陳式太極拳家だったら絶対にここで太極拳をやる。そんなところですw

      ドローン空撮・・・羨ましい


太極拳祖師堂を後にした後は適当に陳家溝観光(*´▽`*)

陳家溝に行って気づいたのですが、陳家溝も少林寺と

同様に武術学校がとても多い!

僕が訪問したのは陳正雷老師の学校でしたが、他にも朱天才老師の学校などもありどこもとても人が多かったです(;´・ω・)


その日はたまたま陳正雷老師系統の陳式太極拳家達の大会がありました!

ちっちゃい子もやっていてとても面白かったです(⌒∇⌒)

ちなみに街中には太極拳のオブジェクトが多数ありました(小並感)

陳家溝は人が少なくてとても観光にはとてもよかったですw

というわけで陳家溝を十分に満喫した後、北京への帰路へ着きました!


北京へは約700キロ・・・遠い・・・遠いです( ^ω^)・・・

出発したのが12時あたりで到着したのが7時でした。

とても長い距離を移動しましたが、とても楽しい旅行となりました(≧▽≦)



                ~七日目へ続く~